岡山県立大学 佐々木新介 研究室

研究業績

国際誌

  • Tapping enhances vasodilation for venipuncture even in individuals with veins that are relatively difficult to palpate, Ichimura M, Sasaki S, Ogino T. Clinical Anatomy, First published: 07 January 2020, https://doi.org/10.1002/ca.23559
  • Tapping but Not Massage Enhances Vasodilation and Improve Venous Palpation of Cutaneous vein, Ichimura M, Sasaki S, Mori M, Ogino T. Acta Medica Okayama, 2015;69(2):79-85.
  • The characteristics of healthy adult with hardly palpable vein -Relations between easy venous palpation and physical factors, Ichimura M, Matsumura Y, Sasaki S, Murakami N, Mori M, Ogino T. International Journal of Nursing Practice, 2015 Dec;21(6):805-12. doi: 10.1111/ijn.12313.
  • Relationship between Tourniquet Pressure and a Cross-Section Area of Superficial Vein of Forearm. Sasaki S, Murakami N, Matsumura Y, Ichimura M, Mori M. Acta Medica Okayama, 2012;66(1):67-71.

国内誌

  • サーモグラフィを用いたバスキュラーアクセス描出に関する探索的研究,中村友樹,佐々木新介.Biomedical Thermology,2019;39(1),32-37.
  • サーモグラフィを活用した表在静脈の描出に関する基礎的検討,中村友樹,佐々木新介.Biomedical Thermology,2019;38(2),26-31.
  • ストレッチャー移送が乗車者の自律神経系・心理的指標に及ぼす影響,尾黒正子, 荻野哲也, 高林範子, 佐々木新介, 甲谷愛子, 虫明小緒, 中尾美幸. 日本看護技術学会誌, 2017;16:1-9.
  • 非侵襲的陽圧換気マスク装着時の接触圧に関する検討, 三宅花奈, 高木睦子, 西山まりか, 佐々木新介. 日本看護学会論文集:急性期看護, 2017;(47):138-140.
  • 静脈穿刺困難時に実施されている援助に関する実態調査, 佐々木新介. ヒューマンケア研究学会誌, 2016;8(1):47-51.
  • 末梢静脈穿刺に効果的な上肢温罨法の検証, 佐々木新介, 市村美香, 村上尚己, 松村裕子, 森將晏, 荻野哲也. 日本看護技術学会誌, 2014;12(3):14-23.
  • 臨床看護で使用されている超音波機器に関する実態調査, 佐々木新介. ヒューマンケア研究学会誌, 2013;5(1):69-72.
  • 末梢静脈穿刺に適切な駆血圧に関する検証~加圧に伴う橈骨動脈血流速度の変化~, 佐々木新介. ヒューマンケア研究学会誌, 2013;4(2):17-21
  • 静脈穿刺に有効な静脈怒張を得るための適切な駆血圧と静脈怒張に関与する客観的指標について, 松村裕子, 市村美香, 佐々木新介, 村上尚己, 森將晏, 荻野哲也. 岡山県立大学保健福祉学部紀要, 2012;19:31-38.
  • 末梢静脈穿刺における静脈怒張を得るための方法に関する調査報告, 市村美香, 松村裕子, 佐々木新介, 村上尚己, 森將晏. 岡山県立大学保健福祉学部紀要, 2011;18:55-63.
  • 簡単に適切な強さで装着出来る静脈穿刺用駆血帯の開発, 森將晏, 市村美香, 松村裕子, 村上尚己, 佐々木新介, 川崎美奈, 平野直美. 岡山県立大学保健福祉学部紀要, 2011;18:29-33.
  • 嗜好品が睡眠におよぼす影響-カモミール茶と緑茶の摂取による主観的睡眠感の変化-, 佐藤定子, 遠藤利香, 佐々木新介, 奥山真由美. 日本看護学会論文集:成人看護II, 2012;(42):80-83.

研究助成

科学研究費

  • 平成24年度~25年度 科学研究費 若手B(研究代表者)
     研究課題:静脈穿刺に有効な上肢温罨法の開発と有効性の検討
  • 平成26年度~29年度 科学研究費 若手A(研究代表者)
     研究課題:末梢静脈穿刺時の血管拡張を促す温罨法用具の開発と有効性の検討
  • 平成28年度~30年度 科学研究費 挑戦的萌芽(研究代表者)
     研究課題:末梢静脈穿刺困難時の看護援助プロトコールの構築
  • 平成31年度~令和3年度 科学研究費 基盤C(研究代表者)
     研究課題: 末梢静脈拡張に対する温熱刺激と用手法の併用効果の検証

外部研究助成(科研費以外)

  • 平成22年度 木村看護教育振興財団 看護研究助成金(研究代表者)
  • 平成23年度 笹川科学研究助成(研究代表者)
  • 平成25年度 日本私立看護系大学協会 若手研究者研究助成(研究代表者)
  • 平成29年度 テルモ生命科学芸術財団 研究開発助成(研究代表者)
  • 令和元年度  ウエスコ学術振興財団 研究活動費助成(研究代表者)
  • 令和 2年度  ウエスコ学術振興財団 研究活動費助成(継続:研究代表者)

学内研究助成

  • 平成28年度 岡山県立大学 特別研究費 独創的研究助成費(研究代表者)
  • 平成29年度 岡山県立大学 地域連携事業費(代表者)
  • 平成29年度 岡山県立大学 特別研究費 独創的研究助成費(研究代表者)
  • 平成30年度 岡山県立大学 地域連携事業費(代表者)
  • 平成30年度 岡山県立大学 特別研究費 独創的研究助成費(研究代表者)
  • 令和元年度  岡山県立大学 特別研究費 独創的研究助成費(研究代表者)
  • 令和 2年度  岡山県立大学 特別研究費 独創的研究助成費(研究代表者)
PAGE TOP